模型

模型会社選びに役立つサイトです。

鉄道模型が動画でわかる 鉄道模型ジオラマの作り方DVD

模型会社選びのポイントのページ

お問い合わせ
042-583-0271

mail to:
http://www.k-kikaku.co.jp
 Content
       模型会社選びのポイント

  1,使用目的にあった仕様を一緒に考えてくれるか。

   模型の製作過程がわかりづらいので、最初から相談した方が無難。

   模型は、誇張と省略の技術である、このことを認識しておきましょう。

   全体の中で、強調したい部分を事前協議で明確にすべきだ。


 2,事前協議の時は、仕上がりイメージをしっかり確認しておきたい。

   模型の仕上がりは、お互いイメージでしかわからない。

   技術職人の世界は、仕上がりにムラがある場合があるので注意。

   また質問と回答は、口答だけでなく、文字で残した方がよい。


 3,実績に問題がないか。

   役所発注の仕事を長くしているところは、まず間違いがない。


 4,製作中の問題点をきちんと確認連絡してくれるか。

   開始前も途中も疑問点を指摘してくれるる方が完成時に安心。

   図面にもミスがある場合もある、そんな時独善で進められるより安全。


 5,対応が迅速であるか。

   設計変更が予測される場合は、その時点に連絡しといた方がいい。

   製作工程がたくさんあるので、順番を変えてくれる。


 6,製作費の見積もりが安過ぎないか。

   予算と提示金額の差が大きい場合は、手抜きをされる場合が普通。

   途中からの設計変更も中々出来ないので、発注時に注意したい。


 7,提出された工程管理表がきちんと守っているか。

  また、製作工程の報告がきちんとあるか。

   工程の変わり目には、デジカメで撮影して確認写真を送ってもらう。

   模型製作は、部分部分で作成して最終的に組み立てる作業がある。

   塗装前で組み立て前の段階であれば、多少の変更が可能である。

   組み立て後の変更の場合は、かなりの部分が作り直しとなる。

   この場合、金額の追加と工期の延長が求められることになる。


 8,模型会社は、少人数でやっているところが大部分である。

  模型は、流れ作業的作業ではないので、会社規模の大小には関係しない。

  自社工作室と熟練工を持っていれば発注しても問題ないでしょう。


平面イメージを立体的に具象化する模型製作の場合も、他の仕事と同様、当事者間の事前のコミニケーションがもっとも肝心といえよう。
 Top Page

◇模型の種類

◇模型の金額

◇模型の製作期間

◇模型の製作工程

(フローシート)

◇仕様書作り

◇会社選びのポイント




道路模型

■風洞実験模型





































 サイトの運営元


 写真資料等の提供
(株)国際企画制作所
オフィシャルページ >>>

表紙に戻る     このページのトップに戻る  
Copyright (C) 模型会社探し All Rights Reserved